RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
またまた
奈良にやって参りました。
洋子です。




もう何度迎えてくれたことか。

奈良に来る楽しみとしては、
こんなかわいい子に会えるってことです!!



先週お世話になった御宅には
こんな子たちが。





癒されますね〜。
また明日も古事語り部座、
頑張れます!

奈良の癒しキャラさんたち、
ありがとう!

洋子でした!
author:nara-mekuri, category:長谷部洋子, 17:53
comments(0), trackbacks(0), - -
また、新しいメンバーが!!
Image080.jpg
6月ナライブ最終日。

新旧まざって沢山の人があつまりました。

今日初めて参加したメンバーもいらっしゃいます。

今回のワークショップですごいのは、初めて参加してる方ほど、役者を職業に目指してる、強い思いの方がいらしています。

早速、松村さんからの課題『歌のはじまり』に班にわかれてみんなで取り組みました。

台本がない、一から自分達で作る演劇に
とまどいなく取り組む姿に、
たくましさを感じました。

今年のワークショップはいいメンバーが揃ってます。

『歌のはじまり』
なんてお題目は難しいけれど、
新しいメンバーは自由に発送して、
古いメンバーは、自分のやりたい方向性で、
さらに、古いメンバーは今までのよいとされてる物を知ってるけど、それに捕われる事なく、新しいメンバーの意見を取り入れ、
みんな自由な発想で課題に取り組んでいました。

3つチームとも違うテイストで取り組まれた作品。

粗い部分はありますが
それはサテライトWSで補正して
来月のWSまでに完全し
いよいよ松村さんへ披露します。

みんな、松村さんへの発表を少なからず待ち望んでいます。。
早く見てもらいたい!
模様。

その意気込む、さすがです。

稽古後の茶話会、
さらに後の飲み会でも
全く元気なみんなに圧倒されつつ、頼もしく思いつつ。。

とにかく、今年のナライブ大注目です!!

レミ
author:田端玲実, category:-, 23:11
comments(0), trackbacks(0), - -
おそるべし
こんばんは、洋子です。

本日ナ・LIVE二日目!

昨日、松村さんから出されたお題
「歌のはじまり」
という、難しいお題を今日も頭をかかえながら
大人たちがああだこうだ
色々案を出しながら悩んでいたところに
小さな救世主が!

小学四年生の、
ナ・LIVE一回目から参加している女の子が、
お友達を連れてやって来ました。

去年のナ・LIVEも子供達の発想に驚かされ、助けられていたので、
この煮詰まったところで、
インタビューしてみました。

歌を初めて歌った時のこと覚えてる?

と、聞いてみたら、

覚えてんで!

と。


二歳の時にな、初めて歌ってものを知って、
言葉とかは分からんかったけど、
歌ってみたら気持ちよかった!
洋子は過去のこと覚えてる?

って聞いて来て、
本当に驚くことをサラッと言うなあ、
といつも子供達には脱帽です。

今日の発表でもその子たちの意見を取り入れたのですが、
演技も本当に上手くて、
泣かされました。

この子達はどんな風に大人になっていくのか、
来年のナ・LIVEは、
というか、ことしのナ・LIVEではどんな顔を見せてくれるのか、
恐ろしいし楽しみです。





author:nara-mekuri, category:長谷部洋子, 22:13
comments(0), trackbacks(0), - -
びっくりメッセージ!

6月ナ・ライブ第一日目。
今日は、前回発表された課題
『“芽生え”から発生したお代を自分たちで決めて作品づくり』
の発表をしました。

2作品発表。

2つともダイナミックで大作でした。

みんなの、楽しさ&やる気、自信満々の姿が
見てるこっちまで伝わって楽しい発表でした。


Image076.jpg
発表が終わったら、サプライズ!?

松村さんから、映像にて、7月のワークショップでの課題が発表されました!

『歌のはじまり』

お題が発表された瞬間、「難しい〜」
と、ざわめきが…
たしかに難しい〜っ!!
どうしたものかと考えてれうちに、
映像に流れる「おまけ」
文字。

そして、八嶋さんが現れました。
八嶋さんからみなさんへサプライズメッセージ!

その瞬間

ウォ〜

歓声の声。
その後、八嶋さんからのメッセージをうなづきながら、真剣な眼差しで聞くみんな。

先輩のメッセージは、みんなのやる気をふるいたたせたようです。


さぁっ!!
その気持ちで、早速2班に別れて、課題に取り組みました。

なかなか難しい課題に
苦戦しながら取り組むチーム、
何かを掴んだように進めるチーム。

出発点はそれぞれですが、
あと2日のワークショップで1つの作品にしていきます。

7月にはいよいよ班分けして、ナ・ライブ本番草芝居リーグへむけて芝居づくりがはじまします。

その予行練習のような大事な創作です。

明日もがんばりましょう!

田端玲実
author:田端玲実, category:-, 22:52
comments(0), trackbacks(0), - -
5/27、ワークショップ。
IMG_9554.jpg
5/27、今月のナ・ライブワークショップ、終了致しました。

どーもお疲れ様です。カムカムミニキーナ亀岡です。

今日のワークショップも、心地よい疲労感MAXで終了致しまして、茶話会からの、飲み会へ流れての、ただいま帰りのバスなうです。



なんかね、毎回奈良めくり読んでても、最終日のブログって、こんな内容になっちゃうけど、ほんと、奈良でのワークショップは、いい刺激になります。

指導する立場から、作品づくりに対して今自分が感じている事を再認識出来たり、それを役者としてどーいかしていけばいいのかとか考える事が出来たり。

うん、ほんとにいい刺激。

今日のワークショップ後の飲み会で、参加者のみんなも言ってましたが、作品づくりの話し合いで、相手の意見で思いも寄らない斬新な意見が出たり、自分でもこんな発想があるんだと思うようなアイディアが自ら出たり、毎回毎回新しい発見があると。

参加者のみんなにとっても、うん、いい刺激。



『いや、私今までこんな昔の過去の事まで、人にしゃべったことないわ。』

同じく飲み会での参加者の声でございます。

作品づくりの中で、いい刺激を受けたからこそ、本当の自分をさらけ出す事が出来る。

自分をさらけ出せる場。逆を返せば、自分をさらけ出せなければ、作品づくりなんか出来ません。

9月の本番までまだまだございます。

自分をさらけ出したい皆さんは、是非とももいち堂までのおこしをお待ちしております。

ほんとうに、ワークショップ参加の皆様、今月はお疲れ様でした。

それでは、また。
author:亀岡孝洋, category:-, 23:58
comments(0), trackbacks(0), - -
ナ・ライブWS。2日目。
IMG_9549.jpg
写真は、ワークショップ終わりに、今日のメンバー達との茶話会の模様です。

どーもお疲れ様です。カムカムミニキーナの亀岡でございます。

今回は、ナ・ライブのワークショップで久々の奈良でございます。



いやあ、この感覚、久々ですね。

参加者のみんなね、ほんとに楽しんでくださってるので、教える我々も本気で挑まないと。

もちろんね、常にそう思っているんですが、よりね、そんな風に思います。



そして、ナ・ライブ2日目終了。

奈良滞在中お世話になってるお宅に帰宅。なう。

抜け殻です。

何でしょう。この、お芝居の本番とも違う。スポーツ一試合こなした後の疲れとも違う。

このとてつもない疲労感。

参加したみんなも感じてるのかな。この疲労感。



何とも言えないこの、心地よい疲労感。



ナ・ライブ2012。テーマは芽生え。

我がカムカムミニキーナ主宰、松村武の監修、奈良最強のワークショップ。

看板俳優八嶋智人も応援しております。



『いやね、なかなか行きたい行きたいと思いながらも行く勇気がなくて行けなかったんだけども、でもね、勇気出して来てみたら、いやぁ、やっぱり来てよかった。』

『あー、明日も来たい!明日の約束ブッチして来ようかな。』



参加者の方々のお言葉。

今年もナ・ライブ、面白いメンバーが揃っております。

そのメンバー達と、この心地よい疲労感、是非とも多くの人に感じてほしい。

明日も、来月も、その次の月も、9月の作品発表まで、もいち堂で皆さんの参加を、是非ともお待ちしております。

5月は明日27日の後一回。

また心地よい疲労感、感じてまいります。それでは、また。
author:亀岡孝洋, category:-, 23:50
comments(0), trackbacks(0), - -
これぞ、ナ・ライブ!!
 

ナ・ライブWS 2日目。

今日は、ナ・ライブ旗揚げメンバー、去年からのメンバー、
今年からの新人メンバーと
新旧入り混じったメンバーが揃いました。

新人さんたちも、4月のWS、サテライトとの皆勤賞のメンバーが多かったので、
今日は、思い切って、今まであまりやったことのない、ゲームや
ゲーム的なエチュードをやりました。

持ち物ゲーム 
物を持っている何人かのうち、本当に自分の物を持っている1人を当てる

NGワードエチュード
相手にNGワードを言わせたら負け

告白エチュード
告白する人、される人、設定を決めて、数人でエチュード。うまく告白出来たら終了    

新人のフレッシュさ、大胆さ、ベテラン陣のフォローがあいまって、
大変見ごたえのあるものでした。
すごいぞ、みんな!!

真剣になればなるほど、ベテラン陣も新人メンバーのように、目の輝きが増してくる。


ナ・ライブは、チームわけをするので、固定メンバーではありません。
毎年リフレッシュされる、ような感じ。

劇団のように、先輩、後輩的なものもないし、なのでお互い気負いがないというか、
ゲームでも、エチュードでも、創作でも、すんなり打ち解けてます。
これは、去年も感じた事。

プライドだけのプロがいたり、恐縮しすぎる新人がいたりしないのがいい。
ただ芝居作りがしたい、純粋メンバーのみ。
これぞ、ナ・ライブのいいところ!!!

今日の稽古をみていて、すごく感じました!

今から、今年の草芝居リーグが楽しみです。

明日も、たくさんメンバーが集まるといいな♪


また、明日。

レミ



author:田端玲実, category:-, 21:35
comments(0), trackbacks(0), - -
ナ・ライブ1日目
Image064.jpg
久しぶりのナ・ライブです。

平日は人がいないかも…
と心配していたら、
とんでもない!
奈良演劇祭ともろかぶりの為、
前からのメンバーはお休みしてたけど、
新しいメンバーが来てくれました。
それが、演劇経験者の方も、全く素人さんもいますが、
みんな、積極的かつ、創造力が豊か。

今年のメンバーは期待大!!

すごいぞ!!

9月のナ・ライブ、草芝居リーグが今から楽しみです。

今年は、ナ・ライブのメンバー以外に、2つの劇団が、参戦するとの事。

打倒!で、
ナ・ライブ チームは頑張ります。

大丈夫、あのメンバーなら行けるかも。


明日、あさっても
ナ・ライブ ワークショップが楽しみ♪

何より楽しんでワークショップをしてる感じが
最高です。


今日は、終わった後軽く飲みました。

参加者は、実行委員のゆんと、今年発参加のせいじ。せいじは新潟出身で各地、各国をまわった後、関西へ。そして、演劇へ。
個性的な生い立ちです。


さて、
明日は、稽古後、茶話会を致します。

みなさん、お楽しみに〜♪


レミ。
author:田端玲実, category:-, 23:29
comments(0), trackbacks(0), - -
通し稽古を終えて、本音が。
古事語り部座、通し稽古を終えて、決起集会(飲み会)へ。

松村さん、サキタさんからのごもっともなダメ出しを頂いて、
今まで思っていた不満、やる瀬ない気持ちがあふれる人も。

まだまだ話し足りない人は、二次会へまいりました。

話はつきません。
みんなの話し、いい分、はよくわかりますし、悪いって言っているわけではないのです。
その人の人生だから、その人の行き方だから。

だけど重要なのは、
今、みんなが取り組んでる「古事語り部座」を
人生の再出発、人生の希望の光りのように
本気で、「私には今これしかない!」と、それこそ死ぬ気で取り組んでいる人もいるという事。

参加したからには、そういう人たちと一緒に取り組む姿勢というものがあるはずだと思います。


チームの総熱量の差が、
芝居の出来の差につながるし、
全チームの芝居がよくないと、
「ふることぶみ」がよくならないのです。


ただただ、稽古あるのみ。
みんなで稽古する時間を作る、だけの事。


サキタさんもおっしゃってましたが、
9月9日はやってきます。

いい本番を向かえられるように。


田端玲実
author:田端玲実, category:-, 00:24
comments(0), trackbacks(0), - -
通しました!!
ただ今、一足先に電車に揺られて東京へ向かっております。

今現在稽古中の熱帯「断脈」のため、
東京の稽古場へ向かっています。

通しを終えて出てきたのですが、
今ごろダメ出し中でしょうか。
最後まで残れず申し訳ありません。


まだまだ課題はありますが、
最初から最後まで通せたのは本当に素晴らしいです!

なかなかレミさん担当のチームを観る機会がないのですが、
久しぶりに通しを見ると、
あまりの成長ぶりにびっくりします。


ますます役者の姿となっています。


6月は松村さんがお仕事でいらっしゃらないので、

次に見て頂く時には
びっくりさせたいです。


皆からやる気をいただき、東京へ向かいます!

駅へ向かう途中では、
もう、3、4年前になる、
「めくるめく図書館」に参加されていた、
とろちゃん親子に再会し、これまたテンションが上がっています。

6月、皆さん、
またどうぞよろしくお願いいたします。

洋子でした!
author:長谷部洋子, category:長谷部洋子, 17:18
comments(0), trackbacks(0), - -